ANA派だった僕がJALにも乗り始めたワケ!

シェアする

航空整備士のかなりマニアックな飛行機豆知識

おはようございます!オカシなうどんメーカー専務の山地英登(やまちひでと)です。

飛行機っていいですよね。夢があって。梅雨もあけて、こんな晴天が続く日には飛行機に乗って、雲の上を飛びたい気分になります。

ちなみに僕の好きな機種は、B777。通称「トリプルセブン」です。ジャンボジェットの愛称で知られたB747が日本国内から退役した今、国内線で乗れる最大の旅客機なんです。低音のエンジン音が迫力あって…。あ、これ以上書いたら嫌われそうなので、このへんでやめておきますね。

僕は出張で全国に行くことが多いので、よく飛行機を利用するんです。それで、ずっとANAしか乗らなかったんですけど、あることをきっかけにJALも使うようになりました。(もちろん今まで通りANAも乗ってますよ!!)

それは数年前、ANAが取れなくて、仕方なくJALに乗ったんですけど、搭乗ゲートから機内へと向かう通路でこんなのを見つけたんです。

航空整備士のかなりマニアックな飛行機豆知識!

航空整備士のかなりマニアックな飛行機豆知識!

JAL高松空港所の整備スタッフさんが手書きで作ったもので、飛行機のマニアック情報がぎっしりと書かれています。(かなりマニアックです。)でも、説明も分かりやすく、表現も面白いので、飛行機好き以外の方も楽しめると思います。

で、飛行機の中で読みながら思ったんです。

この人、飛行機のこと本当に好きなんだなー。

ただただ、飛行機のことを知ってもらいたい。そう思って書き続けたんだと思います。(現在、vol.15まで発行されています。)

そしたら、顔こそ見えないけど、『想い』って伝わってくるんです。「飛行機はこんな構造をしているから、僕はこんな整備をしてますよ。」そんな想いを知ったら、その人が一生懸命整備した飛行機に乗りたいって思うじゃないですか!!それ以来、僕はJALも利用するようにしています。

やっぱり、想いは伝えないといけないんだな。商品やサービスはもちろん大事だけど、それに携わる人にこそ価値があるんだって感じました。

だって僕、JALが好きで乗るわけじゃないですからね。その人が整備した飛行機だから乗りたいって思うわけですから。

あ、どんな内容か気になりますよね。それではちょっとだけお見せしますね。

エンジンについて解説してくれています!

エンジンについて解説してくれています!

これは降着装置についてです!

これは降着装置についてです!

ね。すごくマニアックでしょ。高松空港を利用する機会があれば是非ともチェックしてみてください♪JAL搭乗ゲートの専用ラックに置いてます。もちろん無料ですよ。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます!それでは楽しい一日を♪


The following two tabs change content below.
山地 英登
1978年、香川県丸亀市生まれ。香川のうどんメーカー、大庄屋製麺の専務取締役。世界一高い讃岐うどん「ゆう玄プレミアム」の製造販売をはじめ、讃岐うどんの手打ち体験ができる観光施設「ゆう玄麺工房」を運営する。また、数量限定で行う手打ちうどんは、営業日不定期にもかかわらず、毎回10分で完売するほどの人気を博す。讃岐うどんを販売する傍ら、自らはソフトクリーム活動も行う。(社)日本アイスマニア協会会員。

シェアする

フォローする

トップへ戻る