「手打ちゆう玄」はこうして誕生しました!(その4)

シェアする

神出鬼没なうどん屋です

おはようございます!オカシなうどんメーカー専務の山地英登(やまちひでと)です。

「手打ゆう玄」。営業日未定、営業時間もごくわずか、しかも数量限定なので、今や「日本一食べることが難しいうどん屋」なんて言われることもあります。

お客さまからの声で、「入りにくいんじゃないの?」というお声もいただいたりしますので、
今日は、「そんなことないですよ!僕たちウェルカムです!」という想いを伝えれたらと思います。

外観はこんな感じです!

外観はこんな感じです!

黄色ののれん上がっている日は営業する印です。「しあわせの黄色いハンカチ」的な感覚でお楽しみいただければと思います(笑)

中に入ると・・・工場長がお出迎え。

中に入ると・・・工場長がお出迎え。

気軽に来てもらいたい!そのためにはまずは自分を知ってもらわないと!そういう思いから、工場長が作った力作です!

こちらがメニューです!!

こちらがメニューです!!

シンプルすぎてすいません。。。うどん100円です。(工場長が勝手に値段をつけました。)

薬味類はこちらから。

薬味類はこちらから。

特製唐辛子とゆず酢はおすすめです。特製唐辛子にいたっては、これだけ欲しがるお客さまもいらっしゃいます。

店内は持ち込みOKです。(工場長が勝手に持ち込みOKにしました。)

店内は持ち込みOKです。(工場長が勝手に持ち込みOKにしました。)

「マイだし」を持ってこられる、通なお客さまもいらっしゃいます。ボクはこの前、「いなばのカレー缶」で食べたら衝撃的な美味しさでした!

お客さまに美味しさをお届けしたくて、こんなふうにやっています!!ちょっと変わったうどん屋ですが。。。工場長の想いがいっぱい詰まったうどん、ぜひ食べてみてください。

大庄屋製麺(手打ゆう玄)

香川県仲多度郡琴平町1223-9
TEL 0877-75-5980
営業時間 12:00~(麺がなくなり次第終了)
営業日 不定期(ツイッターで情報を確認いただけます)
ツイッターはこちらから

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます!それでは楽しい一日を♪


The following two tabs change content below.
山地 英登
1978年、香川県丸亀市生まれ。香川のうどんメーカー、大庄屋製麺の専務取締役。世界一高い讃岐うどん「ゆう玄プレミアム」の製造販売をはじめ、讃岐うどんの手打ち体験ができる観光施設「ゆう玄麺工房」を運営する。また、数量限定で行う手打ちうどんは、営業日不定期にもかかわらず、毎回10分で完売するほどの人気を博す。讃岐うどんを販売する傍ら、自らはソフトクリーム活動も行う。(社)日本アイスマニア協会会員。

シェアする

フォローする

トップへ戻る