「手打ちゆう玄」はこうして誕生しました!(その3)

シェアする

「手打ゆう玄」はこう食らう!!

おはようございます!オカシなうどんメーカー専務の山地英登(やまちひでと)です。

今日はボクがおすすめする、通の食べ方を紹介しようと思います!

メニューは、「あつい(釜だし)」or「つめたい」から選べます。

まず最初は・・・
「あつい(釜だし)」から食べてみてください!

1) 工場長から「あつい(釜だし)」を受け取ったら・・・

1) 工場長から「あつい(釜だし)」を受け取ったら・・・

2) 机にある生玉子を割って、すぐにかき混ぜる!

2) 机にある生玉子を割って、すぐにかき混ぜる!

3) だし醤油をたらす。(うちの場合はちょっと多めの方がおいしいです。)

3) だし醤油をたらす。(うちの場合はちょっと多めの方がおいしいです。)

4) ねぎをかけて・・・

4) ねぎをかけて・・・

5) これは本当おすすめ、特製唐辛子をふりかける。(結構辛いです)

5) これは本当おすすめ、特製唐辛子をふりかける。(結構辛いです)

6) できあがり!!

6) できあがり!!

で、食べるとウマー!!

で、食べるとウマー!!

2杯目は・・
「つめたい」のを食べてみてください!

1) 工場長から「つめたい」のを受け取ったら・・・

1) 工場長から「つめたい」のを受け取ったら・・・

2) だし醤油をたらす。

2) だし醤油をたらす。

3) ねぎを入れて、

3) ねぎを入れて、

4) 特製唐辛子をいれると・・・

4) 特製唐辛子をいれると・・・

5) できあがり!!

5) できあがり!!

で、食べるとウマー!!

で、食べるとウマー!!

ここからがポイント。
半分くらい食べたところで・・・

6) 机にあるゆず酢を「一周」かけると・・・

6) 机にあるゆず酢を「一周」かけると・・・

で、食べるとウマー!!

で、食べるとウマー!!

以上、通がおすすめする「手打ちゆう玄の食べ方講座」でした。工場長が、魂こめてつくったうどん食べてみてください。

あ、ちなみに上でボクが食べたうどん、全部でしめて230円です。(うどん2杯 200円+生玉子 30円)

安っ!!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます!それでは楽しい一日を♪


The following two tabs change content below.
山地 英登
1978年、香川県丸亀市生まれ。香川のうどんメーカー、大庄屋製麺の専務取締役。世界一高い讃岐うどん「ゆう玄プレミアム」の製造販売をはじめ、讃岐うどんの手打ち体験ができる観光施設「ゆう玄麺工房」を運営する。また、数量限定で行う手打ちうどんは、営業日不定期にもかかわらず、毎回10分で完売するほどの人気を博す。讃岐うどんを販売する傍ら、自らはソフトクリーム活動も行う。(社)日本アイスマニア協会会員。

シェアする

フォローする

トップへ戻る