僕が声を大にして言いたいことがあります!

シェアする

ちょっと怒っています

おはようございます!オカシなうどんメーカー専務の山地英登(やまちひでと)です。

さて、実は僕、滑舌が悪いんです。どれくらい悪いかというと、言える早口言葉が一つもありません!

難易度1の『生麦生米生卵』『隣の客はよく柿食う客だ』ですら、一回も言えたためしがありません。。。

そんな僕が、本当に声を大にして言いたいことがあります。

それは、

そもそも「滑舌(カツゼツ)」って言いにくくないですか??

「僕、滑舌が悪いんですよー」って言いたいのに、

「僕、カチュゼッ…」
「僕、カッ…」
「僕、カッ…」

全然伝えられへんやーーん!

カツゼツ 絶対噛むしーー!!

ここでひっかける必要あるーーーっ!!

お伝えしたいことは以上です。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます!それでは楽しい一日を♪


The following two tabs change content below.
山地 英登
1978年、香川県丸亀市生まれ。香川のうどんメーカー、大庄屋製麺の専務取締役。世界一高い讃岐うどん「ゆう玄プレミアム」の製造販売をはじめ、讃岐うどんの手打ち体験ができる観光施設「ゆう玄麺工房」を運営する。また、数量限定で行う手打ちうどんは、営業日不定期にもかかわらず、毎回10分で完売するほどの人気を博す。讃岐うどんを販売する傍ら、自らはソフトクリーム活動も行う。(社)日本アイスマニア協会会員。

シェアする

フォローする

トップへ戻る