先日、NHKにテレビ収録に行ってきました!(その2)

シェアする

(この記事は2016年3月16日に前ブログへ投稿した記事の再編集・再公開版です。)

収録当日がやってきました!

おはようございます。オカシなうどんメーカー専務の山地英登(やまちひでと)です。

◆ 前回までのあらすじ

テレビ収録に呼ばれた、ひでちゃん先生と、工場長。テレビ収録に呼ばれなかった僕は、付き人としての同行を許されたのでした。

先日、NHKにテレビ収録に行ってきました!(その1)

それでは、収録当日の様子をお届けします。ダイジェストでどうぞ!!

2016-06-05-7-08-58

収録当日、空港にて。芸能人ばりの変装で現れた工場長。早くも勘違いが伺えます。

2016-06-05 9 04 40

羽田空港に到着するや、工場長から一言。

「ダーハネ暑いね。」

2016-06-05 9 18 49

付き人として、当社の大事なニセタレントをシータクに案内します。

2016-06-05 9 24 25

さっきまでテンション高かった工場長ですが。。。あれ?口数が少なくなってきましたけど?もしかして緊張してます?

2016-06-05 14 41 45

NHKに到着!!

2016-06-05 9 56 37

なんと!楽屋まで用意されていました!(当然、付き人の名前はありません。)

2016-06-05 9 56 06

台本を念入りにチェックする工場長。

2016-06-05 10 26 44

前日入りしていたひでちゃん先生と合流。僕の方をみて、二人がこう言います。

「コーヒーが飲みたくなってきたわ~」

2016-06-05-19-15-27

チッ!

しかしながら、付き人としてコーヒーを買いに行かないわけにないきません。アンパンマンの自販機で買ってやることが、僕のせめてもの反抗なのです。

と、ここから収録の様子に入りたいところなのですが、もったいぶって次回に続く~。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます!それでは楽しい一日を♪


The following two tabs change content below.
山地 英登
1978年、香川県丸亀市生まれ。香川のうどんメーカー、大庄屋製麺の専務取締役。世界一高い讃岐うどん「ゆう玄プレミアム」の製造販売をはじめ、讃岐うどんの手打ち体験ができる観光施設「ゆう玄麺工房」を運営する。また、数量限定で行う手打ちうどんは、営業日不定期にもかかわらず、毎回10分で完売するほどの人気を博す。讃岐うどんを販売する傍ら、自らはソフトクリーム活動も行う。(社)日本アイスマニア協会会員。

シェアする

フォローする

トップへ戻る