先日、NHKにテレビ収録に行ってきました!(その1)

シェアする

(この記事は2016年6月15日に前ブログへ投稿した記事の再編集・再公開版です。)

ふたりが羨ましかったのです…

おはようございます。オカシなうどんメーカー専務の山地英登(やまちひでと)です。

先日、テレビ収録に行ってきました!その時の様子をちょっと書いてみようと思います。

それはNHKからの一本の電話から始まりました。

「工場長と、ひでちゃん先生に、天才てれびくんという番組に出演いただきたいのですが?」

「どうする?出てみる?」と二人に聞いてみたところ、「やりたい!」ということで出演決定!

でも、ちょっと待ってください!!

僕、呼ばれてないよーーっ!!

なんか悔しいよーーっ!!

二人だけいいなー。僕も東京のスタジオ行ってみたいなー。絶対楽しいんだろうなー。芸能人いるかなー。絶対いるよなー。

そんな考えが頭の中を駆け巡り、

「ちょっと二人だけでは心配やから、一緒に行くわ。一応、ほら、責任者やし。」

「何かあった時に、すぐに対応できた方がいいやろ。一応、ほら、責任者やし。」

ここぞとばかりに、責任者を強調(笑)

そしたら、この二人、

なんとも憎たらしい態度です。

なんとも憎たらしい態度です。

「オファー受けてない人は、付き人ね♪」

えー!まさかの付き人ー?責任者やのに付き人ー?

ええ、この際、カバン持ちでもなんでもさせてもらいますよ。

ということで、三人の珍道中が始まったのでした。東京編はまた明日!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます!それでは楽しい一日を♪


The following two tabs change content below.
山地 英登
1978年、香川県丸亀市生まれ。香川のうどんメーカー、大庄屋製麺の専務取締役。世界一高い讃岐うどん「ゆう玄プレミアム」の製造販売をはじめ、讃岐うどんの手打ち体験ができる観光施設「ゆう玄麺工房」を運営する。また、数量限定で行う手打ちうどんは、営業日不定期にもかかわらず、毎回10分で完売するほどの人気を博す。讃岐うどんを販売する傍ら、自らはソフトクリーム活動も行う。(社)日本アイスマニア協会会員。

シェアする

フォローする

トップへ戻る