讃岐うどんができるまでのお話 ~その2~

シェアする

おはようございます!香川県でうどんメーカーの専務やってます、山地英登です!

先週のブログで、讃岐うどんの原料となる小麦ができるまでをお届けしましたが、今回はその小麦を精選していく工程についてです!

前回のブログ
讃岐うどんができるまでのお話 ~その1~

ちょっとマニアックになってきますけど、しっかりついてきてくださいねー(笑)

それではどうぞー!!

精選工程 編

img01

大庄屋の讃岐うどんに使用する小麦粉は全てこのホーコク製粉さんに「大庄屋専用小麦粉」としてオリジナルで作っていただいております。

img02

こちらは屋上からの景色です。
海と山に囲まれ、とても空気がおいしい理想的な場所にあります。
ちなみに奥に見えている島は、讃岐うどんには欠かせないイリコがとれることで有名な「伊吹島」です。

img03

この方が小麦のスペシャリスト、ホーコク製粉の尭天社長。
いつも小麦への熱い想いを語っていただけます。弊社としても安心して精麦をおまかせできます。

img04

原料をつんだフレコンバッグ(1t)をトラックで引き取ります。

img05

【連続流量計】
小麦によって重さや質感が異なります。
一定の量で安定して小麦を流すために、まずは、原料サイロ下で連続して計量を行います。

img06

原料中に混入している小麦以外の異物(藁、砂、石、金属など)を取り除きます。

img07

【加水機】
皮をきれいに剥がすために小麦と水を撹拌します。(きれいに剥がさないと真っ黒な粉になってしまいます。)
①で1分に1000回転、②で200回転させたのち、水を加えて一晩寝かせます。
水が皮部に浸透することによって強靭になり、皮部と胚乳部の剥離をしやすくします。

このあとは、製粉工程編へ突入ですが、、、
お時間なので今日はこのへんで!

ではまたー♪

うどんのことなら

〒766-0001
香川県仲多度郡琴平町1223-9
大庄屋株式会社
(おおしょうや かぶしきがいしゃ)
電話番号:0877-75-5980

僕、山地英登のSNSです。

image1  image3  image4

よろしければ覗いてみてくださいねー♪


The following two tabs change content below.
山地 英登
1978年、香川県丸亀市生まれ。香川のうどんメーカー、大庄屋製麺の専務取締役。世界一高い讃岐うどん「ゆう玄プレミアム」の製造販売をはじめ、讃岐うどんの手打ち体験ができる観光施設「ゆう玄麺工房」を運営する。また、数量限定で行う手打ちうどんは、営業日不定期にもかかわらず、毎回10分で完売するほどの人気を博す。讃岐うどんを販売する傍ら、自らはソフトクリーム活動も行う。(社)日本アイスマニア協会会員。

シェアする

フォローする

トップへ戻る