ワクワクを届けたい!僕たちメーカーにできることを考える。

シェアする

ワクワクを届けたい!

おはようございます!オカシなうどんメーカー専務の山地英登(やまちひでと)です。

僕は仕事で全国に出張行くことが多いので、その時にはできるだけお土産店を見て回るようにしています。「このパッケージかわいいわあ」とか「この目の付け所ハンパないわあ」とか、勉強のつもりが、それを忘れて一人で楽しんでしまうこともよくあります(笑)

でもこれってとっても大事なことだと思うんです。僕もお客さまには、ワクワクしながら商品を選んでいただきたいし、それがこの仕事の喜びの一つだと思っています。

前からずっと思ってました。

「うどん売り場っておもしろくないわあ」
「全然ワクワクしないわあ」

香川といえばやっぱり讃岐うどんなんで、何もしなくてもお客さまは手に取ってくれるし、そこそこ売れるものなのかもしれません。

でも、どこも同じような商品で、違うのは価格くらい。これってお客さまはとってどうなんだろう?と考えたときに、選択肢がないほど不幸なことはないって思ったんです。

そこで、市場では受け入れてもらえないかもしれない。買ってもらえないかもしれない。でも選べる喜びってやっぱり大事なんじゃないか。そう思って、これまでいろんな商品を作ってきました。

世界一高い讃岐うどん、3人前1500円!!

世界一高い讃岐うどん、3人前1500円!!

ビジネス用に!名刺を挟める讃岐うどん!

ビジネス用に!名刺を挟める讃岐うどん!

業界初!ふろく付きの讃岐うどん!

業界初!ふろく付きの讃岐うどん!

やっぱり僕はお客さまに喜んでもらいたいし、ワクワクしてもらいたい!そういった商品をつくることは、僕たちメーカーにしかできないことだと思います。もっと言えば、それは「メーカーとしての使命」だとも思うんです。

そんなことを考えながら、商品を作っていたら、おかげさまで、紹介したどの商品もお客さまから喜びの声をいただける商品になりました!

いつになっても初めての試みは勇気がいるものだけど、手にとってくれた人の喜びを想像しながら、今日も商品作りに励もうと思うのです♪

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます!それでは楽しい一日を♪


The following two tabs change content below.
山地 英登
1978年、香川県丸亀市生まれ。香川のうどんメーカー、大庄屋製麺の専務取締役。世界一高い讃岐うどん「ゆう玄プレミアム」の製造販売をはじめ、讃岐うどんの手打ち体験ができる観光施設「ゆう玄麺工房」を運営する。また、数量限定で行う手打ちうどんは、営業日不定期にもかかわらず、毎回10分で完売するほどの人気を博す。讃岐うどんを販売する傍ら、自らはソフトクリーム活動も行う。(社)日本アイスマニア協会会員。

シェアする

フォローする

トップへ戻る