うどんメーカーだって、航空会社のように夢のある会社でありたいと思う

シェアする

こんにちは!うどんメーカー専務の山地です。

JAL「スカイミュージアム」に行ってきました!

何を隠そう飛行機好きの僕です。
空港で時間のあるときは展望デッキへ行って、離発着を見るのが至福の時間なんです。

生まれ変わったら、今度はうどんメーカーではなく、パイロットになる予定でいますので、そこんとこどうぞよろしくお願いします。

そして先日、JALの工場見学に行ってきたんですーーーっ!

実はこの工場見学、旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」の【行ってよかった!無料観光スポットランキング2016】で第1位になるほど人気!!

たまたま空きがあったのと、これまたたまたま帰りのフライトまで時間があったので、運良く行くことができましたー!
それがとっても楽しかったので、今日はその様子についてリポートしたいと思います!

このJAL工場見学は、飛行機のアレコレを知れるミュージアムや、なんと格納庫内部まで見ることができるツアー形式のプログラム。

時間も、1時間40分でボリュームたっぷりなんです!

予約はネットからも行えますので、興味のある方はぜひどうぞー!
JAL工場見学「スカイミュージアム」

人気なので、すぐに埋まってしまいますので、予定が決まったら、すぐに予約することをオススメします!!

あ、それでは内容について、ちょっとだけお見せしますね。

▼歴代の航空機の展示があったり!

2016-12-02-09-37-17

▼実際に使っていたコックピットに座れたり!

2016-12-02-09-38-07

▼な、な、なんと、格納庫の中まで入れたりします!!!

2016-12-02-10-59-44

そこはもう、夢の世界っ!!

実際に、整備士さんが飛行機の点検、整備を行っているところなど、普段は絶対に見ることができないようなところまで見学することができるんです!!
大興奮!感激モノです!!

大人でも十分見ごたえあるけど、これはぜひ子供たちに体験させてあげたいなーっ。
それで飛行機のこと好きになってほしいなーって思いました。

たぶん、ここまでオープンにしているのは、こういう「空育」という観点があるんだと思います。

工場見学やってます

僕の会社、大庄屋製麺のうどん工場でも、工場見学というものをやっているんです。
讃岐うどんができあがるまでの行程を、見ていただくことができます。

最近では、地元の小学生や中学生も、多く見学に来ていただけるようになりました。
そして、そこでは「空育」ならぬ、「麺育」についてのお話をさせてもらってます。

僕のところの工場見学でも、そんなワクワクするような内容をもっとお届けしよう!
JAL工場見学を体験してそんなことを思いました。
全然規模は違いますけどね(笑)

でも、せっかくそういうハードをもっていて、それを伝えれる環境にあるんだから、それは利用しないともったいないですし、なにより、少しでもうどんのことを好きになってもらいたいですからね。

現世では、パイロットにはなれなかったけど、その分しっかりとうどんメーカーとして、子供たちに夢をもってもらえるように頑張りたいと思います!!

来世は、、、
がんばって、パイロットになります(笑)

▼来世にご期待ください!

2016-12-02-09-52-54

今日は以上です!
それでは、グッデイ!!

うどんのことなら

〒766-0001
香川県仲多度郡琴平町1223-9
大庄屋株式会社
(おおしょうや かぶしきがいしゃ)
電話番号:0877-75-5980

僕、山地英登のSNSです。

image1  image3  image4

よろしければ覗いてみてくださいねー♪


The following two tabs change content below.
山地 英登
1978年、香川県丸亀市生まれ。香川のうどんメーカー、大庄屋製麺の専務取締役。世界一高い讃岐うどん「ゆう玄プレミアム」の製造販売をはじめ、讃岐うどんの手打ち体験ができる観光施設「ゆう玄麺工房」を運営する。また、数量限定で行う手打ちうどんは、営業日不定期にもかかわらず、毎回10分で完売するほどの人気を博す。讃岐うどんを販売する傍ら、自らはソフトクリーム活動も行う。(社)日本アイスマニア協会会員。

シェアする

フォローする

トップへ戻る