マイナスポイントを前面に出したら、売れ始めた!

シェアする

マイナスポイントをプラスに変える

おはようございます!オカシなうどんメーカー専務の山地英登(やまちひでと)です。

うちには「ゆう玄プレミアム」って商品があります。小麦の中心部分を使用した、贅沢な讃岐うどんです。

ただ、この讃岐うどんは、こだわって作っている分、値段がかなり高いです。

一般的に1人前がだいたい160円くらいなのに対し、この「ゆう玄プレミアム」は1人前で500円します!!

そう、世界一高いうどんなんです。

もともと百貨店用に作ったうどんなのですが、お土産用としても置かせてほしいというお声をいただいて、3人前で1500円(税別)で販売しています。

価値を分かっていただける方には本当に好評で、かなりリピートもしていただいてます。

でも、手に取ってみたものの、「高い」ということで、違う商品を買われる方もやはり多くいらっしゃいるのも事実です。

そうだろうなー。僕自身も、これは百貨店用の商品だと思っていたので、その点に関しては特に何も思いませんでした。

しかし、ふと思ったんです。「これって伝わってないだけなんじゃ?」そこで、こんなPOPを作ってみました。

aaa

世界一高い讃岐うどんです!!

「世界一高い」

今まで、お客様にとってマイナスだと思っていた、このワードを思い切って前面に押し出してみました。

そして今までとは違う切り口で。お土産として人にあげるのではなく、自分用に食べてもらう。世界一高いから、人にあげるのはもったいない。一人でこっそり食べてね。

このPOPにしてから、反応が全然変わりました。今までそんな売れていなかった販売店さんでも売れ出したんですね。

よくよく考えれば、1500円はもちろん高いですけど、旅行では全然手の出せる金額ですよね。

「高い」=お客様にとってマイナスポイント。それは間違いでした。これをあえて伝えたら、逆にこれがキョーレツな個性になって、お客さまの興味をひいたんですね!

商品自体は何ひとつ変えていないのに、伝え方をちょっと変えただけで。「花は観手に咲く」とはこういうことなんだと思います!

マイナスポイントだって、考え方によってはプラスにかわるんだよってお話でした!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます!それでは楽しい一日を♪


The following two tabs change content below.
山地 英登
1978年、香川県丸亀市生まれ。香川のうどんメーカー、大庄屋製麺の専務取締役。世界一高い讃岐うどん「ゆう玄プレミアム」の製造販売をはじめ、讃岐うどんの手打ち体験ができる観光施設「ゆう玄麺工房」を運営する。また、数量限定で行う手打ちうどんは、営業日不定期にもかかわらず、毎回10分で完売するほどの人気を博す。讃岐うどんを販売する傍ら、自らはソフトクリーム活動も行う。(社)日本アイスマニア協会会員。

シェアする

フォローする

トップへ戻る