僕たちの使命は、お客さまの利益に貢献すること。

シェアする

こんな想いで仕事をしています!

おはようございます!オカシなうどんメーカー専務の山地英登(やまちひでと)です。

僕の会社ではうどんを製造しているのですが、皆さんご存知でしょうか。ソフトクリームばかり食べていますが、一応うどん屋なんですよ(笑)

僕たちのところでは、お土産うどんを製造させてもらっていて、10年ほど前から、販売店さんに卸すお仕事もさせていただいています。

はじめた当時は少なかった販売店さんも、今では、多くの販売店さんに取り扱いいただけるようになりました。

 

数あるうどんメーカーの中から、僕たちの商品を気に入ってくれて、置かせていただけているのは、本当にありがたいです。

だから、なんとかその気持ちに応えたいし、「お客さまに貢献したい」そう本気で思っています。

 

会社の目的は、単純明快で、利益をあげること。貢献するには、コストダウンか売上アップ。選択肢はこの2つなんですね。

そこで僕たちは、売上アップで貢献する道を選んで、一緒にお仕事をさせていただいています。

 

そのために販促に役立つ情報や、商品POPをご用意させていただいてます。

それで、商品が一つでも多く売れたら、本当に嬉しいし、本音を言えば、それが僕のところのうどんでなくってもいいと思ってます。

うどんの隣のおまんじゅうでもいいし、そのまた隣のクッキーでもいい。

だから、おまんじゅうやクッキーのPOPだって作ります。そのためにPOPの勉強もがんばってます。

それが、僕たちにしかできないことだと思ってます。

10年前は、いくらお願いにあがっても、「うどんは十分にある。これ以上いらない。」と
断られて。

本当に辛い思いをしました。

だから、今、僕たちの商品を置かせていただけるようになったのは、感謝しかありません。

だから、売上アップで貢献したい。それだけなんです。

 

すいません。こんな感じで、少々アツく語ってしまいましたが、思ってることは、超真剣です。

やっぱり、「一緒にお仕事できてよかった」と思っていただけたら嬉しいですしね。

こんな想いで仕事してるって話でした!!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます!それでは楽しい一日を♪


The following two tabs change content below.
山地 英登
1978年、香川県丸亀市生まれ。香川のうどんメーカー、大庄屋製麺の専務取締役。世界一高い讃岐うどん「ゆう玄プレミアム」の製造販売をはじめ、讃岐うどんの手打ち体験ができる観光施設「ゆう玄麺工房」を運営する。また、数量限定で行う手打ちうどんは、営業日不定期にもかかわらず、毎回10分で完売するほどの人気を博す。讃岐うどんを販売する傍ら、自らはソフトクリーム活動も行う。(社)日本アイスマニア協会会員。

シェアする

フォローする

トップへ戻る