インスタグラム風パネルを簡単に作る方法。

シェアする

インスタパネルを自作してみた!

おはようございます!オカシなうどんメーカー専務の山地英登(やまちひでと)です。

観光地に行くと、顔出し看板ってありますよね。全身のイラストと顔だけ穴が開いて記念写真を撮るアレです。面白いので、あれば必ず写真を撮ってしまいます。

「僕のところでも、あんなのほしいなー」って思ってたんです。来ていただいたお客さまが気軽に記念に写真撮れるものが。でも、看板ほどはまだお金かけたくないし・・・

「自分で何か作れないかなー?」といろいろ探していると、

よくパーティー会場とかで見かける、いいものを発見。インスタグラムの画面を模した現代風の顔出し看板です。

「お、これなら作れそう!」ということで製作開始!

↓ ↓ ↓

それで、できあがったのがコレ!!

なかなか上手く出来てませんか?

なかなか上手く出来てませんか?

でもこれ、作り方めっちゃ簡単なんです。僕はこんなふうにして作りました。

■ 用意するもの

・ イラストレーター
なんと!イラストレーターCS2は無料でダウンロードできるみたいです。

・ 粘着テープつきスチレンボード
ホームセンターなどで1200円くらいで売っています。

■作り方

1) まず、イラストレーターでデータを作成。
(今回のは、そんなに複雑じゃないのですぐ作れました。)

2) 作った画像をポスターサイズに出力。
(ネットプリントなどがお得だと思います。)

3) それを粘着テープつきスチレンボードに貼り付ける。
(気泡が入らないように、そーっと貼り付けます。)

真ん中部分をカッターで切り取ればできあがり!!

業者さんに作ってもらうとなると、ある程度のロットも必要になってくると思いますが、これなら最小限の費用で1個からできます。僕の場合はこれを作るのに5000円かかりませんでした。

こんな感じの笑顔があつまりました!!

こんな感じの笑顔があつまりました!!

楽しそうですよね。よかったら作ってみてください!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます!それでは楽しい一日を♪


The following two tabs change content below.
山地 英登
1978年、香川県丸亀市生まれ。香川のうどんメーカー、大庄屋製麺の専務取締役。世界一高い讃岐うどん「ゆう玄プレミアム」の製造販売をはじめ、讃岐うどんの手打ち体験ができる観光施設「ゆう玄麺工房」を運営する。また、数量限定で行う手打ちうどんは、営業日不定期にもかかわらず、毎回10分で完売するほどの人気を博す。讃岐うどんを販売する傍ら、自らはソフトクリーム活動も行う。(社)日本アイスマニア協会会員。

シェアする

フォローする

トップへ戻る