博多の赤門屋さんのもつ鍋を食べたら、衝撃的すぎた!

シェアする

どうしても我慢できなくて…。

おはようございます!オカシなうどんメーカー専務の山地英登(やまちひでと)です。

今日ボク、なんかお肌がプルプルなんですよー。お肌にも気を遣う、37歳アラフォー男子です。あ、気持ち悪いですね。もう二度と言いません(笑)

それはそうと、なぜ今日ボクのお肌がプルプルなのか。それは、昨日の夕食に「もつ鍋」を食べたから!!

もう、そのもつ鍋があまりに美味しすぎて…。

ハッキリ言ってなめてました!口に入れた瞬間、「ナニコレッ!」ってなりました!その感動をお届けしたくて。今日はそんなブログです。

今回、お取り寄せさせていただいたのは、博多の赤門屋さんのもつ鍋

おいしいものに目がないボク。全国のおいしい食べ物をよくお取り寄せするんです。それは、ただただおいしいものが食べたいだけってものありますが、オペレーションだったり、販促だったり、なにか勉強になれば…ということを意識しながら、注文させていただいているんですね。

なんと、注文した翌日に届きました!

ワクワクしながら、中を開けてみると…。これまた、楽しいリーフレットがいっぱい。わざわざお手紙までつけていただいて、感動です!

そして、やっぱり思ったこと。手書きっていいですね。想いが伝わってきます!あらためて感じました。ボクの商品づくりにも、ちょっとどころか、だいぶ参考にさせてもらいます!!

参考になります!

これだけでも注文した価値があります。参考になります!

はい。それでは、おまちかね。これが噂のもつ鍋です!

どうですか!おいしそうでしょう!モツが、プリップリッなのわかりますか??

ヤベーっす!飯テロっす!!

ヤベーっす!飯テロっす!!

もうね。やられました。

もつ鍋ってこんなにおいしかったのーーっ!!

もつ鍋大好き人間の、ボクの妻も大絶賛してましたからね。恐るべし、赤門屋のもつ鍋!!

そして、締めは。。。

締めはやっぱりうどんです!!

締めはやっぱり讃岐うどんです!!

ここは本来なら、ちゃんぽんなんでしょうけど、讃岐人のわがままお許しくださいm(_ _)m

でもね。

博多×讃岐 のコラボレーション、最高だよーーっ!!

これはまた、頼んじゃいますね。ごちそうさまでしたー。

関係性のなかで消費がおこる

こんなに美味しかった、もつ鍋ですが、でも仮にこれが、広告などの売り込みで知っていたら…。たぶんボクは注文してなかったと思うんです。

グルメで知られる壁下さんがおいしいと言っていたから。そして、そこから赤門屋の店主、滝澤さんを知ったから。滝澤さんは、SNSで日常をたくさん発信しています。それをいつも見ていたボクは、親近感を覚え、いつしか共感を感じていたんですね。

それで、ふとボクの琴線に触れる投稿(モツに対するあつい想いを知った)があって、この人から注文したい!となったわけです。

モノを買うなら関係性の深いところで買う。そのためには、「個」を出す!想いを伝え続ける!ということが大事。コレを肝に銘じて、ボクも頑張りたいと思います!

最後に!赤門屋さんのもつ鍋は本当においしいです。ぜひ食べてみてくださいね!ボクはまた食べます!!

それではー。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます!それでは楽しい一日を♪


The following two tabs change content below.
山地 英登
1978年、香川県丸亀市生まれ。香川のうどんメーカー、大庄屋製麺の専務取締役。世界一高い讃岐うどん「ゆう玄プレミアム」の製造販売をはじめ、讃岐うどんの手打ち体験ができる観光施設「ゆう玄麺工房」を運営する。また、数量限定で行う手打ちうどんは、営業日不定期にもかかわらず、毎回10分で完売するほどの人気を博す。讃岐うどんを販売する傍ら、自らはソフトクリーム活動も行う。(社)日本アイスマニア協会会員。

シェアする

フォローする

トップへ戻る